RFワールド読者の掲示板U
 無線と高周波に関することを中心に、それ以外の話題も含めて、何でも書き込みOKの掲示板です。
 初めての方もネチケットを守って、お気軽にご参加下さい(^^)/
6 / 203 ツリー    ←次へ | 前へ→

[RFW23]図2_8 IF信号の立上り検出回路 Hiroyuki Naito 18/6/7(木) 15:59 [添付][添付]
Re:[RFW23]図2_8 IF信号の立上り検出回路 editor 18/6/7(木) 21:02
Re:[RFW23]図5_8 IF信号の立上り検出回路 Hiroyuki Naito 18/6/8(金) 12:09
Re:[RFW23]図5_8 IF信号の立上り検出回路 Hiroyuki Naito 18/9/11(火) 19:16 [添付][添付][添付]
Circuit Simulator Appletの使い方 Hiroyuki Naito 18/9/14(金) 16:15

[RFW23]図2_8 IF信号の立上り検出回路
 Hiroyuki Naito  - 18/6/7(木) 15:59 -
いつもお世話になります。

首記の回路をシミュレータで再現して、IF信号(矩形波)の位相オフセットを
11.25度ステップで変えて、Pa4-Pa0の値を記録しました。

さらに、Pa4-Pa0の値を保持する位相オフセットの最大値と最小値を0.5度ステップ
で記録し、併せて最大-最小の値も計算しました。

すると最大-最小の値が13度と8.5度を交互に繰り返すのですが、これは正しい
動作でしょうか。
添付画像【522_図5_8IF信号の立上り検出回路.png : 223.5KB】
【522_図5_8IF信号の立上り検出回路.png : 223.5KB】

引用なし

パスワード



112 hits
・ツリー全体表示

Re:[RFW23]図2_8 IF信号の立上り検出回路
 editor  - 18/6/7(木) 21:02 -
Hiroyuki Naitoさん,
 小誌「RFワールド」ご愛読ならびに書き込みありがとうございます.

 ご質問の題名にある図2_8は,正しくは図5.8だと思いますが,
いかがでしょうか?

 小池先生からの回答を代行して書き込みます.
−−−ここから
 シミュレータの詳細や検討の詳細が分からないので,即答を避けたいのですが,気になる点があるので,それを逆に質問させてください.

シミュレータのクロック周波数を次のように2桁下げても同じ状況でしょうか?
 IF IN: 1.2MHz →  12kHz
 SYSCK:19.2MHz → 192kHz
−−−ここまで

以上です.
引用なし

パスワード


98 hits
・ツリー全体表示

Re:[RFW23]図5_8 IF信号の立上り検出回路
 Hiroyuki Naito E-MAIL  - 18/6/8(金) 12:09 -
▼editorさん:
>Hiroyuki Naitoさん,
> ご質問の題名にある図2_8は,正しくは図5.8だと思いますが,
>いかがでしょうか?

失礼しました。図5_8が正しいです。

>シミュレータのクロック周波数を次のように2桁下げても同じ状況でしょうか?
> IF IN: 1.2MHz →  12kHz
> SYSCK:19.2MHz → 192kHz

とりあえず一桁下げると、10.75度と11度の繰り返しになり、だいぶ
改善されます。引き続きもう一桁下げてみます。
引用なし

パスワード


97 hits
・ツリー全体表示

Re:[RFW23]図5_8 IF信号の立上り検出回路
 Hiroyuki Naito  - 18/9/11(火) 19:16 -
首記の回路でIFIN信号がSYSCLKでサンプリングされて、IFIN信号の位相が
11.25度ステップで量子化(5bitで数値化)されることを確認しました。

興味のある方は下記の手順でご確認ください。

1) 「図5_8IF信号の立上り検出回路_1ns.txt」をダウンロードする。
2) http://www.falstad.com/circuit/circuitjs.htmlにアクセスする。
3) シミュレータが起動されるので、File→Open File...で(1)のファイルを
  開く。
4) IFINに接続されている120kHzの発振器のシンボルをダブりクリックする。
5) Phase offset(度)に適当な数値を入れると対応する5bitの値が出力される。
6) Phase offsetを11.25度ステップで増減すると出力の5bitの値が1bitずつ
  増減する。
7) 0.25度ステップで変化させたときの5bitの数値の変化を添付のExcelの
  表にまとめました。

シミュレーションの精度の都合でIFIN信号=120kHz、SYSCLK=1.92MHzと図5.8の
周波数の1/10にしています。

タイミングチャートの信号は、図5.10にならって下記の順になっています。
IFIN
SYSCLK
Q0
Q1
Q2
Q3
~Q3
DFF1
DFF2
オフセット0度の120kHzの信号
添付画像【563_図5_8IF信号の立上り検出回路.png : 236.8KB】
【563_図5_8IF信号の立上り検出回路.png : 236.8KB】

引用なし

パスワード



28 hits
・ツリー全体表示

Circuit Simulator Appletの使い方
 Hiroyuki Naito  - 18/9/14(金) 16:15 -
Circuit Simulator Appletの使い方は下記のサイトをご参照ください。

https://www.mgo-tec.com/blog-entry-circuit-simulator-howto.html

■その他の便利な機能
1)拡大、縮小
 回路図エリアでマウスホイールを回転させると、回路図を拡大・縮小できる。

2)回路図全体の移動
 ALTキーを押しながら回路図エリアでマウスをドラッグすると、その動きに
 合わせて回路図全体が移動する。

3)回路図エリアとオシロスコープエリアの境界の変更
 回路図エリアとオシロスコープエリアの境界あたりをマウスで探ると、水色の
 バーが現れる。そのバーをドラッグすると、回路図とオシロスコープのエリア
 の境界を変更できる。
引用なし

パスワード


26 hits
・ツリー全体表示

6 / 203 ツリー    ←次へ | 前へ→
 31,808
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.01b6