RFワールド読者の掲示板U
 無線と高周波に関することを中心に、それ以外の話題も含めて、何でも書き込みOKの掲示板です。初めての方もネチケットを守って、お気軽にご参加下さい(^^)/
28 / 230 ツリー    ←次へ | 前へ→

RFW#22 SDRStudyのSoundDLLについて ja9cde 18/10/25(木) 14:33
Re:RFW#22 SDRStudyのSoundDLLについて 中本伸一 18/10/26(金) 10:35
Re:RFW#22 SDRStudyのSoundDLLについて ja9cde 18/10/26(金) 12:06
Re:RFW#22 SDRStudyのSoundDLLについて editor 18/10/26(金) 19:51

RFW#22 SDRStudyのSoundDLLについて
 ja9cde WEB  - 18/10/25(木) 14:33 -
 現在、SDRStudyを自分なりに使いやすように改造しています。
 その一環として、受信範囲を現状の-8k〜+8kの範囲を2倍程度に拡大したいと思います。ついてはSoundDLLのソースを学習したいのですが、ソースコードの入手は可能でしょうか? ご検討よろしくお願いします。

ちなみに現在までのSDRStudyの改造画面を添付してみました。
引用なし

パスワード


126 hits
・ツリー全体表示

Re:RFW#22 SDRStudyのSoundDLLについて
 中本伸一 E-MAIL  - 18/10/26(金) 10:35 -
ja9cdeさんこんにちは!著者の中本です

現在の+-8kHzの範囲を広げるにはサンプリング定理に従って
サンプリング周波数を上げる必要があります。

具体的にはSoundWorkerのスレッドの初期化部分の最初の方で
SoundCard.WaveFormatSetup(16000);という1行でサウンドカードの
サンプリングレートを設定しています。この16000を32000とか
48000に変更する事でサンプリング周波数を2倍や3倍にできます。

ただしサウンドカードによっては32000や48000はサポートされて
いない場合もあります。どのサウンドカード必ずサポートされている
サンプリングレートは44100ですのでもしうまく動かなければ
お試し下さい。

またサンプリングレートを上げるとそれに見合うだけのC#の高速な
処理能力が必要になりますので可能な限り高速なパソコンを使用する事を
お勧めします。

またSoundDllのソースですがだいぶ前に作成しましたので
Visual Studio 2005でないとビルドは難しいかもしれません。
まあ参考程度にご覧ください。上記のようにSoundDllのソースを
改変しなくてもサンプリング周波数を高く設定できますので
SoundDllの改変は不要だと思います。

ソースのアーカイブのサイズが27メガと掲示板に上げれないほどの
大きなサイズですのでメールでご連絡いただければ適当なサーバに
アップロードしてそのurlをお知らせしますのでメールをください。
引用なし

パスワード


121 hits
・ツリー全体表示

Re:RFW#22 SDRStudyのSoundDLLについて
 ja9cde WEB  - 18/10/26(金) 12:06 -
▼中本伸一さん:
 早速のアドバイスありがとうございます。
 中本さんのアドレスは不明でしたので、当局のメールアドレスへ、URLの方
お手数ですが、よろしくお願いします。
 メールアドレスは
 小文字でコールサイン@*****.com
 コールサインはja9cde****です。

 当局のVisual Studioは2010ですが、まずはサンプルレートの書き換えでやってみます。
 ありがとうございました。
引用なし

パスワード


119 hits
・ツリー全体表示

Re:RFW#22 SDRStudyのSoundDLLについて
 editor  - 18/10/26(金) 19:51 -
ja9cde様
 メールアドレスを掲示板に公開したままにしておくと
不都合があるかもしれないので,勝手ながら伏せ字と
させていただきました.(中本様にはメールアドレスを
ご連絡済みです)
引用なし

パスワード


122 hits
・ツリー全体表示

28 / 230 ツリー    ←次へ | 前へ→
 33,822
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.01b6