RFワールド読者の掲示板U
 無線と高周波に関することを中心に、それ以外の話題も含めて、何でも書き込みOKの掲示板です。初めての方もネチケットを守って、お気軽にご参加下さい(^^)/
26 / 234 ツリー    ←次へ | 前へ→

[RFW41] 6章 DAC出力波形とRF出力の確認 Hiroyuki Naito 18/12/13(木) 17:43 [添付][添付][添付][添付]

Re:[RFW41] 6章 DAC出力波形とRF出力の確認 森榮 18/12/13(木) 19:29

Re:[RFW41] 6章 DAC出力波形とRF出力の確認
 森榮  - 18/12/13(木) 19:29 -
▼Hiroyuki Naitoさん:
>お世話になります。
>
>CQ出版社のホームページからダウンロードしたファイルから、OFDM_QPSK_TX
>プロジェクトをQuartusIIに読み込み、Tools→Programmerでコンフィグ・
>デバイスに書き込むことができました。
>
>そのまま電源を再投入して、スペアナでRF出力(写真6_1〜6_3)、オシロスコープ
>でDAC出力波形(図6_21)を確認しました。
>
>だいたい同じ波形だと思うのですが、CWモードのスペクトルの周波数が916.625MHz
>より13〜14kHz低いのは問題ないでしょうか。

頒布基板で再現実験を進めてくださいまして、有難うございます。
測定画面を拝見しますと、誌面で紹介しましたファームウェアの動作状態が
再現されていると思われます。

CWモードの周波数のずれでございますが、搭載されています水晶の精度が、
±20ppmのものですので、900MHz帯にて最大で±約20kHzの周波数誤差が
生じる可能性があり、問題ない測定結果かと思われます。
引用なし

パスワード


87 hits
・ツリー全体表示

26 / 234 ツリー    ←次へ | 前へ→
 34,556
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.01b6