RFワールド読者の掲示板U
 無線と高周波に関することを中心に、それ以外の話題も含めて、何でも書き込みOKの掲示板です。
 初めての方もネチケットを守って、お気軽にご参加下さい(^^)/
13 / 193 ツリー    ←次へ | 前へ→

バランのシミュレーション Hiroyuki Naito 18/5/23(水) 0:20

バランのシミュレーション
 Hiroyuki Naito  - 18/5/23(水) 0:20 -
高周波の不平衡→平衡回路の変換で使われるバラン(1:1の高周波トランス)の
動作はなかなか実感することができないので、シミュレータで実験してみま
した。

 1) まず点線以下のテキストをコピーする。
 2) http://www.falstad.com/circuit/circuitjs.htmlをクリックして、
   シミュレータを起動する。
 3) File→Import From Textを選択する。
 4) 開いたテキストウィンドウの(四角で囲まれた)中を右クリックして、
  「貼り付け」を選択する。
 5) (1)でコピーしたテキストが貼り付けられるので、「OK」をクリックする。
 6) 1:1Balunの回路が現れたら、Balunを経由して発振器に戻ってくる電流と、
   10ΩとGNDを経由して戻ってくる電流をメモする。
 7) 1Mz発振器をダブルクリックして開かれたComponent編集画面で周波数 
  (Frequency)を1M→10Mに変更して「OK」をクリックする。
 8) GND経由で戻ってくる(コモンモード)電流がグッと減ることを確認する。
 9) 発振器の周波数を100M(10倍)にすると、コモンモード電流が更に1/10に
  なることを確認する。

 以上のことから、回路が不平衡でGND経由の電流が流れていても、バランを
 挿入することによりGND経由の電流が減り平衡回路に近づくことが観察でき
 ます。

---------------------------------------------------------------------
$ 1 3.125e-10 382.76258214399064 50 5 50
r 752 32 800 32 0 100
w 752 32 752 64 0
w 896 32 896 64 0
w 752 240 752 272 0
w 896 240 896 272 0
g 992 272 992 288 0
g 976 0 976 16 0
r 848 32 896 32 0 10
w 800 32 832 32 0
w 832 32 848 32 0
370 896 64 896 112 1 1
370 752 112 752 64 1 1
r 912 0 960 0 0 10
w 832 32 832 0 0
w 832 0 848 0 0
w 960 0 976 0 0
w 752 112 752 128 0
w 752 128 784 128 0
w 864 128 896 128 0
w 896 128 896 112 0
w 784 176 752 176 0
w 864 176 896 176 0
v 752 272 896 272 0 1 1000000 5 0 0 0.5
T 784 128 864 176 0 0.000001 1 0.003213026176603793 -0.00849997343661817 0.999
370 896 192 896 240 1 1
370 752 240 752 192 1 1
370 848 0 896 0 1 1
w 752 176 752 192 0
w 896 176 896 192 0
w 896 0 912 0 0
x 854 156 975 159 4 16 1:1\sBalun(1uH)
370 976 272 928 272 1 1
w 976 272 992 272 0
w 896 272 928 272 0
x 796 309 853 312 4 16 10Vp-p
x 759 204 845 207 4 16 Ia(Orange)
x 908 208 987 211 4 16 Ib(Yellow)
x 912 250 969 253 4 16 Ic(Red)
o 24 1 0 4613 0.0000762939453125 0.1 0 5 24 3 31 0 31 3 25 3
引用なし

パスワード


115 hits
・ツリー全体表示

13 / 193 ツリー    ←次へ | 前へ→
 30,930
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.01b6